子供時代から憧れ続けたカルティエの時計

査定は非常に丁寧

私の仕事は細かな作業をすることも多く、場合によっては水を使います。
価格を抑えたカジュアルブランドのものであれば遠慮なく使えますし、浸水して壊れても後悔せずに済みます。
学生時代とは違って自分で稼げるようになってはいましたが、それでもカルティエは高級ブランドには違いありません。
友達のお姉さんがつけていた様子は覚えていましたし、憧れもまだまだ続いていましたが、日常的につけることができないのに購入するにためらわれます。
だったらプライベートでおしゃれをしたときだけ使えばいいと当時の恋人が言ってくれて、その年のクリスマスプレゼントとして渡してくれました。
箱を開けた時の感動は今でも強く覚えています。
ずっと手に入れたかった時計ですから、とんでもなく嬉しくて飛び跳ねました。
これをプレゼントしてくれた恋人ともずっと上手くやっていけるに違いない、そう思っていたのです。
ところがその恋人とは数年しか続かず、私達は結婚することなく別れることになりました。
別れ際は喧嘩も多かったのですがプレゼントを返せと言われることもなく、カルティエは相変わらず私の手元にありました。
ずいぶんと喧嘩をして酷い別れ方をしてから数年後、心の傷がやっと癒えたころに今の相手と知り合い、順調に交際を重ねて結婚することになりました。
カルティエの時計を売ろうと決意したのは、結婚式に使う式場の下見に行ったあとのことです。
以前の恋人にもらったものですから、さすがに身につけることはなくなったものの、自室のタンスの引き出しに大切にしまい込んでいます。
以前の恋人から贈られたプレゼントについてうるさく言うような結婚相手ではありませんでしたが、私の気持ち的にお別れの時期がきたのでしょう。
買い取りをしてくれる業者に持ち込んだのは、大切にしてくれる次の持ち主が見つかってくれればいいと思ったからです。
どんないわれのあるものでも、私にとってはずっと憧れのブランドです。
また、私と同じようにこのブランドに憧れを持っている人は多いでしょう。
新品ではとても購入できなくても、中古なら買えるかもしれない、そう思う人もいるはずです。
査定は非常に丁寧に進められ、納得のいく金額を出していただくことができました。

カルティエの時計は長年の憧れ査定は非常に丁寧決断としてこれで良かった